スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画版「ささみさん@がんばらない」第二十四話。

Category : 告知



明日はついにアニメ「ささみさん@がんばらない」最終話放送ですが(他の放送局ではもうちょっと先までやってますが)漫画版のほうはまだまだつづきます、ということで今週の週刊少年サンデーにもきちんと掲載されておりました。作画の西川さんアニメ放送中に単行本二冊で毎週掲載、休んだの一週だけですよ結局。小冊子のカラーイラストとかもやってたので超人すぎます。
 

ともあれ掲載されたのは第二十四話「母娘まんだら①」です、呪々お母さんが邪神三姉妹を薙ぎ倒す展開。シリーズ屈指の鬱展開です。自分でもけっこう内容を忘れていてアニメとかでこのへんのエピソードやってるときハラハラしました、ど~すんだこんなのちゃんと解決すんのかみたいな。ともあれ初登場の際にはとってもキュートで悪役ができるのか不安だったお母さん、だんだん顔が怖くなってます。目が開いたり閉じたり陰になったりの人形劇のような演出。浮き世離れしてますよね。
 

ちょっと週間連載がきつすぎるのか誤字脱字がかなりあって(作画者さんというよりこれは編集さんの問題ですが)ハラハラしますが、コミックスのときには直ってればいいな~直れ~と念じております。邪心三姉妹(じゃしんさんしまい)とか…。
ともあれアニメ放映お終いでふっと気を抜きそうなところ、がんばって作画してくれました。今後もお楽しみに~。
 

以下、スクリーンショットです。

死んだ魚のような目になってますよ鎖々美さん。原作絵師の左さんはギャグや省略をする際もわりと現実の俳優さんとかでも可能な範囲でやってるので、メディアミックスでいろんな表情が見られるのは新鮮です。SDとかも最近のシリアスな展開ではあまりないですが可愛くて好き。

すっかり恒例になってきた鎖々美さんの胸チラ(でいいのか)肉腫はもう引っぺがされてるのでお札はありません、ゆえに危険部位(婉曲表現)を隠すのが難しくなってきました。

 

Comment

非公開コメント

プロフィール

日日日

Author:日日日
小説家。漫画原作者。
1986年7月29日生まれ。
奈良県出身、都内在住。

【受賞歴】
「第6回エンターブレインえんため大賞」佳作

「第8回角川学園小説大賞」優秀賞

「第1回MF文庫J新人賞」編集長特別賞

「第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞」大賞

「第4回新風舎文庫大賞」大賞

「第9回Sense of Gender賞」大賞

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。