スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF念力。

Category : 日記



4M【雑記】以前のスケジュールに戻っただけなのですが、しばらく怠けてたのでついてけない感じになってます。おおう…。

昨日はいんたびうでしたが、ずいぶん前に書いた作品なので「この作品の着想はどこから?」とか聞かれてもぜんぜん覚えてなくて「どうして!? そんなことは問題じゃないんだ!」と逆ギレした。〆切前の日日日は情緒不安定です。

 

4N【写真】中国語版の漫画版「狂乱家族日記」が届いてました。ヱシカさんの知紅には愛を感じる。さりげなく、いろんな服着せてもらってるし。

 

4O【旅行写真】アユタヤ。こういうのが町中にごろごろある遺跡の町。

 

4P【今日のお仕事】らぶこめ原稿を修正して送信。通れ~通れ~(念力)。あと「ささみさん7」がのっぴきならない〆切なのでがんばる。このシリーズはこれまで優良進行だったのですが、今回はなぜか送ったはずのプロットが時空の狭間に消えていた(届いてなかった)事故があったのでギャワー。

 

Comment

タイトルなし

>メソさん
実際、これお墓かもしれないです。むかし戦場で、ひとつの文明が滅んだところなので屍体もごろごろ?

タイトルなし

>にしどらさん
シリーズものの途中のプロットを十年後に届けられてもなあ。

タイトルなし

>二十五日さん
がんばれ受験生!
小学館にありがちとか言わない! 危ない!(笑)

白雪は今の僕というより、やっぱり高校時代の僕ですね。今の僕はあそこまでピュアではありませんし。あ~、小説だけ書いて生きていきたかったよ…。

タイトルなし

古より大地を押さえ続ける巨大遺跡。
この下に何か封印されてそうでドキがムネムネします。

タイトルなし

時空の狭間に飲み込まれたプロットが10年前の日日日先生のもとに届いて、歴史が変わっていくという…(゚Д゚;)

タイトルなし

どーも、受験生です。

あぁ、日日日さんも小学舘にありがちな『資料バニッシュ現象』の被害者に……。

昨日、蟲と眼球と白雪姫を読み直して(いったい何回目?)みました。
読めば読むほど白雪が日日日さんと重なっちゃいます。
なんか、自分の世界の住人って自分の中にいるのに最も遠い存在で、恋しくて会いたくて、でもどうしようもない感じが、すごく作家らしいです。
非公開コメント

プロフィール

日日日

Author:日日日
小説家。漫画原作者。
1986年7月29日生まれ。
奈良県出身、都内在住。

【受賞歴】
「第6回エンターブレインえんため大賞」佳作

「第8回角川学園小説大賞」優秀賞

「第1回MF文庫J新人賞」編集長特別賞

「第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞」大賞

「第4回新風舎文庫大賞」大賞

「第9回Sense of Gender賞」大賞

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。