スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ返信その他。

Category : 返信



4M【雑記】猫耳とか狐耳とかはわりとよく見かけるし有名なヒロインがすぐ浮かぶけど、タヌキ耳ってあんまり見かけないですよね。たぶん、耳だけだとぱっと見て「タヌキ」だとわかりにくいから。というか人間と合体させなくてもタヌキはタヌキであるだけで造形が可愛らしいので、わたぬきくんみたいに。耳を生やした人間、にする必要がないのか。

最近見かけたなかでは「まぼろしにふれてよ。」のタヌキ少女が可愛らしかったです。「好きな男性のタイプは?」「ふぐりの大きな方!」という受け答えを見て、僕は恋におちた。

※ふぐり=キ※タマ。化けダヌキはキ※タマを四畳間ぐらいのサイズに広げられるらしいです。何だその萌え美少女に活用しようがない設定。

 

73【メッセージ返信】

ホームページのほうにメッセージが届いてたので返信。

>アリスさん

「あたしら憂鬱中学生」楽しんでいただけて幸いです! しばらく掌編中心の更新になりますが、本編もつづきをお待ちくださいませ~。

 

4N【写真】八幡さまだったのか~。超強力な神様なのですが扱いが難しいので「ささみさん」には登場しない予定、鳥村さんの「雑魚神様」がものすごい解釈をしてたので気になるひとはあちらを読むとよいのですよ(もう絶版かもしれませんが版元的に)。

 

4P【旅行写真】年始めなのでモチをばらまいてました。結婚式のブーケとかもそうですけど、「ふん、あんなもの拾おうとする気が知れないね!」とか思うのに、いざ周りのひとがこぞって拾おうとすると「俺が! 俺が拾う!」というテンションになってしまう群集心理。ちなみに、拾って持って帰って家で煮て食いました。モチってことは金運でしょうか。

 

4P【今日のお仕事】早起きして没頭して仕事をしてました。たくさん書いた~。早起きするとノルマを消化してもだいぶたくさん本読んだりできますね、毎日この調子だといいんですが。

 

Comment

タイトルなし

>録さん
四畳間サイズまででかくなる乳はそれはそれで新しいな…。
たぬきの尻尾といえばマリオブラザーズを思いだすのですよ。

タイトルなし

>何だその萌え美少女に活用しようがない設定
そこは「胸」という事にしてしまえば、大きさが自由自在にできるキャラに(何

>たぬきっ娘
あと尻尾の縞々でたぬきっぽさ出せそうですね。
もふもふ。

タイトルなし

>二十五日さん
書いてたデータが消えると言いようのない徒労感を味わいますよね…。複数にわけて保存するといいですよ、書いた先から知人のPCに送るとか。

タイトルなし

>しぇいどさん
たくさんのメッセージありがとうございます~。
アノレクシア最新話は「汚水①」とあるように実はひとつのシナリオの半分だけのぶんです、コミックスのページ数の関係でふたつに分割したのです。作画のniniさんも同時発売で超大変みたいで。
メフィストの短編っぽいのは最近では同人誌(森田季節さん主催の)のほうでよく書いてるかもです。なかなかライトノベルでは書けないですねー。
いま軽いかけあいものよりストーリー重視の作品がライトノベルでも編集部が求め始めてるので、何とかガチなのをいれていきたいですね。売れないと思いますが!(まど☆マギとかは希有な例)

タイトルなし


ふぐりの大きな方がタイプということは、毎度毎度確認しなければ好みかどうかわからないということですね。
出会い頭にパンツとか下ろされるのでしょうか。

今日は原稿データの入ったUSBを紛失したことに気づいてブルーな気分です。もう半分くらい書いてあったのに。

タイトルなし

(またまた続き)

また、メフィスト連載みたいなのも読んでみたいなぁ~、と。
以前のブログ(たしか去年の年末~今年にかけてだったかと記憶しております)で
おっしゃてた雑誌での新連載は、
「もしかしたら一般文芸作品かな!?」
と、期待しております~。

公式に発表できる段階になったら、
ご報告をおまちしております!!

というか、もしかするとGA文庫マガジンの短編のことだったりして。

タイトルなし

(続き)

静寂のあとに大嵐に襲われた気分に陥りますね。
そちらのほうが、ハラハラドキドキさせられます。
遥かかなたの天空から天国にいざなっていたかと思うと、
「底なしの地獄に叩き落としたるぞ!
ひゃーはっはっは!!
この世に神は存在しないし、救いもない!
あるのは、深淵なる絶望と
真っ暗な闇のみじゃ!!」
という作品が好きになりつつあります。

自分自身も人生の酸いも甘いも吸ってきて、
心がどす黒く濁ってしまったようです。
だからか、3大週刊漫画誌(ジャンプ・サンデー・マガジン)も最近読まなくなってきました。
魔法少女まどかマギカやフェイトゼロのアニメで、
虚淵玄さんに急に興味をいだいたのも
そこらへんの心の変化があるようです。

ハッピーエンドが好きだったのが、
誰もが救われない究極のバッドエンドも
だいぶ受け入れられる度量が出来てきました。

(またまた続く)

タイトルなし

ご指摘どおりに確認をしたところ、
コミックビーツでアノレクシア更新されてました~。
25日かと勘違いしてました。
『10日』が更新日なんですねぇ~。

さて、待ちに待った最新話
(vs間柴了のときの木村達也でいうと、
念願のタイトルマッチまで5年の歳月を経たのと同じかそれ以上!?)
ですが、序盤はいつになく穏やかで、
「あれ!? こういう内容だったけ~?」
と、肩透かしを喰らっておりました。
しかし、ページをめくっていくと、
やがて猟奇的な展開に!!
「グフフッ、このテイストがたまんねぇんだよな~」
と、期待通りの垂涎さで安心いたしました!

新連載当初は、一般文芸寄りなのかと感じていましたが、
あちらほどはブッ壊れてはいないみたいですね~。
それなりの生い立ちを経て、今の生活に落ち着いた(?)んだと納得しました。

ああいう丁寧な描写があると、
異常さがさらに際立ってきますね。
金田一少年の事件簿の真犯人が
動機を涙ながらにとつとつと語って、
そのあと、破滅に向かうといった感じです。

(続く)
非公開コメント

プロフィール

日日日

Author:日日日
小説家。漫画原作者。
1986年7月29日生まれ。
奈良県出身、都内在住。

【受賞歴】
「第6回エンターブレインえんため大賞」佳作

「第8回角川学園小説大賞」優秀賞

「第1回MF文庫J新人賞」編集長特別賞

「第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞」大賞

「第4回新風舎文庫大賞」大賞

「第9回Sense of Gender賞」大賞

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。