スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ返信その他。

Category : 返信



4M【雑記】「ささみさん@がんばらない8」の表紙&あらすじが公式にUPされていたので告知~。
http://gagaga-lululu.jp/gagaga/release/index.html#02
ふと気がつけばここ数ヶ月にだした本、表紙に幼女がつづいてます。すっかりロリ作家…。ちなみにほんとは呪々のはずだったんですが口絵が呪々だらけなので、表紙は希美ちゃんになりました。出世したなあ、この子。

 

8L【メッセージ返信】「あたしら」HPのほうにメッセージが届いていたので返信。
>Mr.ラットさん
ご相談ありがとうございます。
難しい問題ですが、ラットさんの場合だと著作権とはあんまり関係ないです。ひとの作品を見てそのまんま書きうつしたものを「自分の作品だ!」と応募したり出版したりすると問題なんですけど、ラットさんはご友人に「似てる」と言われた作品を知らなかったんですよね?
新人賞は基本的に「面白ければOK!」なので、基本的に「~に似ているから」で落とされることはありません。もちろん選考のなかでそれがマイナス要素になって辛く採点されることはありますが(とくに最終選考では)、「~に似ている」から即ダメ、というのでは最終選考に一作品も残りません。僕も審査員をいくつかやりましたが、ほとんど「これ、●●(作品名)っぽいよね」って感じですよ。
選択肢はふたつです。
似ていることを踏まえつつもできるかぎり差別化し、自分だけの「面白い!」をその作品のなかで表現して、応募する。たとえそれが運悪く(というかたぶん落選したなら理由は「~に似ている」じゃなくて純粋に「面白くなかった」)落選しても、そこで培った技術と「自分の書きたいものを書ききった!」という達成感は次の作品をさらにレベルアップさせるはずです。
似ていることのデメリットを強く感じるなら、さっさとその作品へのこだわりを捨てて新しく自分だけの作品を書いちゃう。プロになったら次から次へと作品を発表していかなくてはいけません。いちいちつまんないことで悩んで挫けてつまずいてる作家に、出版社はいつまでもお仕事くれませんし。
二年間手塩にかけたかわいい作品、わかります。それを捨てるのは我が子を殺すようで可哀想だ、わかります。でも、そうやって日の目を見ない作品はたくさんたくさんあります。無数の我が子のしかばねのうえに我々は立っているのですよ。
「似ている」と言われる部分はたいてい表面的なものです。大事なところ、伝えたいテーマ、作品の核を活かして次の作品でもっと面白く、ちがうかたちで書けばいいんです。それが作品の個性になり、あなたの作家としての売りになり、そこに読者さまはお金を払ってくれるのです。努力し、己の味を発見し引きだせれば、それはあなたの財産になります。
ひとつのテーマを表現するのにひとつだけしか方法がないなんてことはありませんから(むしろ、テーマを手を変え品を変え様々な方法で表現したきたのが小説の歴史です)、いろいろ頭をひねって、試行錯誤してください。いつか「これだ!」ってものに巡り会えるその日まで。
と思いました。言い訳をして作品から逃げちゃうのが、いちばん作品にとって可哀想です。がんばって努力して報われなくて、でもいつか、と思ってめげずに書きつづけてください。
 あと編集部もべつに無能の集団じゃないので、既存の作品に似ていたら誰かが気づきますし、出版前に調整して似てる部分を直します。でもそれはあくまで出版する段になってから考えればいいことで(似てれば改稿に苦労すると思いますが)、新人賞段階ではそれよりも「面白い!」かどうかです。
 がんばって。

 

4N【写真】台湾旅行写真はこれでお終い。個人旅行だとあんまり撮らないなあ。最後に飛行機の出発まで時間があったので、空港の喫茶店でお茶してました。台湾のお茶はどれもおいしかった。

 

4O【旅行写真】早朝に帰国したのでお弁当。梅干しが嬉しい。

 

4P【今日のお仕事】「アノレクシア」シナリオの下書きが終わったので、どうにか〆切に間にあいそう。下書きは最低一日は寝かせるので(〆切ぎりぎりの場合は別ですが)いったん横において、「大奥のサクラ4」の下書きに着手。なぜか毎回、序章がボツになってるので今回こそ一発OKを目指すぞ~。

 

Comment

タイトルなし

>さやさん
「アノレクシア」次回はちょっとしたラブシーン(?)があるのでご期待くださいな~。
今月中にコミックビーツのほうで最新話の更新があると思います。Upされたら告知しますので、お楽しみに。

タイトルなし

>詠さん
大奥のサクラ読んでいただき感謝です~。
黒姫は次回、一章ぶんつかってメインを張る予定ですよ。ご期待ください!
蟲と眼球、今でもじみちに売れてくれてて息長いなぁと。デビュー作のなかではいちばん部数でてないんですが、ずっとずうっと売れてるっていう。

タイトルなし

>Mr.ラットさん
お粗末さまでした~、楽しく創作してくださいね!
がんばっていきまっしょい!

タイトルなし

日の丸ですね、ザ・日本!って感じですね。

アノレクシアがすごく私的にツボです。早くも2巻が気になります。

タイトルなし



大奥のさくら
面白かったです!
かなりの新展開で、びっくり。
たしかにグロがあまりなかったなあ♪
好きな黒姫が登場少なくて残念!
次は大活躍期待なうですっ

そういえば蟲と眼玉を
後輩に勧めたらはまりました(^ ^)
布教布教…
非公開コメント

プロフィール

日日日

Author:日日日
小説家。漫画原作者。
1986年7月29日生まれ。
奈良県出身、都内在住。

【受賞歴】
「第6回エンターブレインえんため大賞」佳作

「第8回角川学園小説大賞」優秀賞

「第1回MF文庫J新人賞」編集長特別賞

「第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞」大賞

「第4回新風舎文庫大賞」大賞

「第9回Sense of Gender賞」大賞

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。